×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■ヨハン ゼバスティアン バッハ - Johann Sebastian Bach -

1685年 3月 21日ドイツ アイゼナハ生まれのヨハン ゼバスティアン バッハは,18世紀のバロック音楽時代に活動した作曲家,オルガニストで,『 近代音楽の父 』 と称される巨匠で,1750年7月28日にライプツィヒで亡くなった。
バッハ家一族は音楽家でありそのほかのバッハと区別するために通常 『 J.S.バッハ 』 と表記され,バッハ一族でもっとも偉大であるという意味で 『 大バッハ 』 と呼ばれるが,一般に 『 バッハ 』 だけでも知られている。
バッハ一族は,ドイツ中部のテューリンゲン地方で代々音楽を生業とした大一族で,2世紀半の間に約 60人の音楽家を輩出し,遺伝学の研究対象とされることもあるが,当時は 『 貴族の子は貴族,農民の子は農民 』 のように身分が固定されていて,職業音楽家の家系は職業音楽家以外の選択肢があまりなかった。遺伝学の研究には,このことも考慮しなければならない。
この時代の一般的な音楽家は,現在のクラシック音楽の一流演奏家のような名声とそれに見合うような収入を得られる名士ではなく,むしろ十把ひとからげの楽器担当の召使いのような存在であった。

■J.S.バッハの生涯 - 1

バッハは,町楽師ヨハン アンブロジウスの末子に生まれ,10歳の時に父が死去。オールドルフの聖ミカエル教会のオルガニストの兄ヨハン クリストフに引き取られ,1700年にリューネブルクに移って修道院付属学校の給費生となった。

1703年にヴァイマルの宮廷楽団,アルンシュタットの新教会のオルガニスト,1707年ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに異例の好条件で招かれ,遠戚のマリア バルバラ バッハと結婚,7人の子供のうちフリーデマンとエマヌエルは高名な音楽家となる。

1708年,再びヴァイマルに移って宮廷オルガニストとなり,オルガン曲の多くの作品をこの地で書き,1714年に楽師長に昇進,月1曲のカンタータを作曲し上演したが,主家のお家騒動の余波で投獄され,ヴァイマルを追放された。

1717年,ケーテンの宮廷楽長,恵まれた環境の中で数多くの世俗音楽の名作を作曲。1720年,旅行中に妻の急死の不幸にあい,翌年,有能な音楽家の宮廷歌手で『 アンナ マクダレーナ バッハのためのクラヴィーア曲集 』 でも有名な彼女と再婚,彼女は夫の仕事を助け,作品の写譜などもしている。

■J.S.バッハの生涯 - 2

彼女との間に生まれた 13人の子供のうち,クリスティアンはバッハの子供の中では音楽家として最も社会的に成功し,イングランド王妃専属の音楽家となり,モーツァルトに大きな影響を与えた。彼らのほかにバッハには成人した4人の息子がいたが,彼らはみな音楽家として活動した。

1723年,ライプツィヒの聖トーマス教会の音楽監督に就任。このことは事実上のライプツィヒ市の音楽監督で,教会音楽を中心に幅広い創作活動を続け,1736年にはザクセンの宮廷作曲家に任命され,1747年に,『 音楽の捧げもの 』 が生まれるきっかけになったエマヌエルが仕えていたベルリンのフリードリヒ大王の宮廷を訪問。

1749年頃から眼疾患が悪化し手術を受けたが,医師テイラーの技術が未熟であったため,手術後は病床に伏し,1750年に 65歳でこの世を去った。生前の彼は作曲家というよりもオルガンの演奏家,専門家として高く評価されていたが,彼の楽曲は息子や弟子たちによって受け継がれ,死後約 100年後に 『 再発見 』 され,高く評価されるようになった。

1960年代にバッハの子孫がアイゼナハに生存していたことが確認されている。


Copyright © 2010 学習と音楽の里 にこにこ村

当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、個人を特定する情報を除いた当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報のみを使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、ここをクリックしてください。

$